今、日本にはモノが溢れ大量生産大量消費大量廃棄の時代と言われています。高度経済成長でモノを買える幸せ、モノを買う事で希望を買っていた時代から、溜め込んでいた「捨てられないモノ」の処分に困る「実家の片付け」や、大量のモノを家族では処理できない「遺品整理や空き家整理」も増えています。モノの溢れた今の時代は、捨てる・手離す事が必要な時代とも言えます。

ECOな暮らしは、お片付けから。

「なるべく捨てたくない」「捨てるに忍びない」「どう片付けて良いかわからない」など、現代の「捨てる」に伴うニーズは多種多様です。廃棄物処理という廃掃法の下での適正処理はもちろんの事、出来るだけリユースする事で捨てる量を減らし、次の世代へ引き継ぐ事、モノとの決別が必要な時でも、出来るだけ罪悪感を持たずに手離せるようなご提案をしています。

誰かの役に立つ手離し方を模索し、無駄に捨てない事から、無駄に持たない未来を心掛ける方へ、片付けの一歩を一緒に踏み出せるように取り組んでいます。